日本ハム・上原「責任と緊張感ある」 今季初白星懸け27日ソフトB戦先発

[ 2019年4月26日 17:51 ]

室内練習場で自主トレを行った上原(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの上原健太投手(25)が、27日のソフトバンク戦で今季初白星を狙う。

 栗山監督からは「ここで勝負をかけにいく」と1・5ゲーム差で追う2位ソフトバンク3連戦の重要性を強調されたという。先発登板は今季3度目で、前回登板の16日オリックス戦は5回8失点KO。この日は札幌市内の室内練習場でキャッチボールなどで調整した左腕は「ソフトバンク打線はつながりがある。責任と緊張感がある」と表情を引き締めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月26日のニュース