広島 九里、2試合連続5回持たず「悔しい」先発ローテ剥奪も

[ 2019年4月15日 05:30 ]

セ・リーグ   広島2―4DeNA ( 2019年4月14日    横浜 )

<D・広>4回1死二塁、ロペスに逆転2ランを打たれガックリの九里(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 広島・九里が2試合連続で5回を持たずに降板し、先発ローテーション剥奪の危機に直面した。4回82球を投げ、3安打3失点で降板。今季2敗目を喫して「防げる失点は防がないといけない。悔しいです…」と唇をかみしめた。

 1死から連続四球を与えた初回はロペスを三ゴロ併殺。3回までは順調だった。ところが4回、ロペスに逆転2ランを被弾すると、2死から二塁打と四球で一、二塁とされ、8番・嶺井に痛恨の左前適時打。5回の打席で代打が送られた。

 「本塁打の後の追加点が大きいよ」と緒方監督は指摘した。開幕から3試合連続でピリッとしないだけに首脳陣の印象はよくない。佐々岡投手コーチは「かわす投球に見えた。次回?それはまだ」と言葉を濁し、アドゥワ、中村祐らに先発機会が訪れる可能性はある。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月15日のニュース