日本ハム・マルティネス、5月上旬に再来日延期 米で右腕リハビリ中

[ 2019年4月15日 15:09 ]

日本ハムのマルティネス
Photo By スポニチ

 日本ハムは15日、痛めている右腕の検査のため米国に一時帰国中のニック・マルティネス投手(28)の再来日が、当初の予定だった今月16日ではなく、5月上旬にずれ込むと発表した。

 来日1年目だった昨季はチームトップ11勝の上沢に次ぐ10勝を挙げて3位に貢献した右腕は、2年目も先発ローテーションの柱として期待されたが、オープン戦期間の3月20日のヤクルト戦で右腕を負傷。数日後に札幌市内病院で検査を受けて「右前腕屈筋損傷」と診断され、今月6日に精密検査を受けるために渡米していた。

 再来日までは、引き続きフロリダ州の自宅に滞在して慎重にリハビリを行う予定。当初の診断ではゲーム復帰まで4週間とされていたが、現時点で見通しも立っておらず、助っ人右腕が復帰するまではチーム一丸で苦境を乗り切るしかない。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月15日のニュース