星稜、学校側が林監督に処分 6月の春季北信越大会終了まで指導禁止

[ 2019年4月15日 16:17 ]

3月のセンバツで習志野に敗れ引き揚げる星稜の林監督(右)とナイン
Photo By スポニチ

 今春の選抜高校野球大会で、サイン盗みを疑って異例の抗議を行い、日本高野連に謝罪した星稜(石川)の林和成監督(43)について、同校は15日、野球部の山下智将部長(37)とともに懲戒処分とすると発表した。林監督は春季北信越大会が終了する6月4日まで指導が禁止となる。4月20日に開幕の春季石川大会では、山下部長が監督として指揮を執る。

 林監督は選抜大会2回戦の習志野(千葉)戦で、二塁走者が捕手のサインを盗んで打者に伝えていたとして、敗戦直後に習志野の監督に抗議。異例の行動で、日本高野連に謝罪する事態となった。その後、学校に無断で週刊誌の取材を受けたため、4月上旬から部員の指導を自粛していた。同校は一連の言動などを問題とし、処分を決めた。

 星稜は甲子園大会に春夏通じて32度出場し、準優勝の実績もある。今春の選抜大会では、優勝候補の一つに挙げられていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月15日のニュース