西武 源田の連続フルイニング、連続試合出場ストップ

[ 2019年4月15日 05:30 ]

パ・リーグ   西武11―3オリックス ( 2019年4月14日    メットライフD )

<西・オ>7回無死、安打を放った栗山の代走に源田(中央)が起用される(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 西武の源田壮亮内野手(26)が14日、オリックス3回戦(メットライフドーム)で先発を外れ、プロ野球記録を更新していた1年目の開幕からの連続試合フルイニング出場が299で途切れた。

 源田は13日の同戦で右手首に死球を受け、都内の病院で「右手関節挫傷」と診断された。骨には異常がなかったが「痛みもまあまあ(ある)」と試合前の打撃練習には参加せず「今は打つのも、投げるのも難しそう」と話した。7回に代走で途中出場して指名打者になったが、打席はなし。野球規則で連続試合出場は1イニングの守備に就くか、1打席を完了することが規定として定められており、連続試合出場も299で止まった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月15日のニュース