楽天 首位陥落、サブマリンに沈黙 指揮官「差し込まれた」

[ 2019年4月15日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天1―6ソフトバンク ( 2019年4月14日    楽天生命パーク )

<楽・ソ>渋い表情の平石監督=中央(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 楽天はサブマリンの高橋礼に沈黙し、首位から陥落した。6回1死一、三塁から内野ゴロの間に1点を奪うのが精いっぱい。7回を2安打に封じ込まれ「タイミングが遅れて直球に差し込まれた。相手のペースにならないようにしなければいけない」と平石監督。

 初対戦で3打数無安打2三振のドラフト1位・辰己も「今まで対戦したアンダースローの中でも格が違った」と脱帽。首位争いで2連敗を喫した。

 ▼楽天・近藤(今季初登板初先発で5回1/3を5失点)2回の2アウトからの3ランがもったいなかった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月15日のニュース