阪神 福留、意地の同点打 得点圏打率5割に清水ヘッド最敬礼

[ 2019年4月15日 06:30 ]

セ・リーグ   阪神5―2中日 ( 2019年4月14日    甲子園 )

<神・中>4回1死二塁、福留は右前に同点適時打を放つ(撮影・北條 貴史) 
Photo By スポニチ

 意地の一打がしぶとくゴロで一、二塁間を破った。阪神の二塁走者・糸井の生還を見届けると、気持ちのこもったガッツポーズ。0―1の4回1死二塁、流れを一気に呼び寄せる同点適時打を放ったのは、当たりが止まっていた福留だった。

 「打ったのはシュート。前の打席のチャンスで打てなかったので、何とかランナーを還すことができてよかったです」

 チームは4連敗中。自身も前日までの5試合で19打数3安打と苦しんでいた。初回2死一、二塁では吉見のフォークに空振り三振。最初の先制機をつぶしていただけに強い思いで入った第2打席で仕事を果たした。

 昨季までは6連戦中には疲労蓄積を防ぐために先発を外れる「積極的休養日」が設けられていた。今回は甲子園開幕からの6連戦ということもあって、全試合に先発出場。41歳の最年長選手としてチームの不振の責任を受け止めながら全力プレーを続けてきた。清水ヘッドコーチも「今日は孝介だよね。同点適時打を打ってくれて。ああいうところで打ってくれると、みんなが助かる」と最敬礼だった。

 依然として打率・226の低空飛行でも、得点圏では10打数5安打、打率・500に跳ね上がる。ここぞの場面でやはり頼りになるのが百戦錬磨の背番号8だ。開幕前のスポニチ本紙インタビューでは「苦しい時にオレがヤル!」と宣言。新人や若い4番が名を連ねる今季の打線で、自分に求められる役割は十分に承知している。(山添 晴治)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月15日のニュース