雄星ケガ防止へ 月1ショートスタート実行 次回か次々回

[ 2019年4月15日 02:30 ]

16日インディアンス戦で先発予定の雄星
Photo By スポニチ

 マリナーズの菊池が3戦連続の中4日先発登板を予定し、今後の登板2試合のいずれかで短いイニングを前提としたショートスタートになる可能性が13日(日本時間14日)、浮上した。スコット・サービス監督が「1年を健康で終えられるためのプランを続けるつもり」と示唆した。

 菊池の次回登板は、前回に続くメジャー2度目の中4日で15日(同16日午前11時10分開始)のインディアンス戦。続いて中4日で20日(同21日)のエンゼルス戦に先発予定だ。ジェリー・ディポトGMは1月の入団会見の際に疲労軽減とケガ防止を目的に「月に1試合の割合でショートスタートを設ける」と明言していた。

 菊池は平地での投球練習などで調整。前日のブルペン投球に続き、全力投球する姿が目立った。(シアトル・笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月15日のニュース