3連勝もたらした日本ハム・西川の「洞察力」、三盗&相手の悪送球誘う 

[ 2019年4月15日 08:30 ]

パ・リーグ   日本ハム3―1ロッテ ( 2019年4月14日    札幌D )

<日・ロ>7回2死一、二塁、打者・近藤の時に三盗した西川(右)は田村(中央)の悪送球で勝ち越しのホームを踏む(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 【追球ズーム ここにFOCUS】今季初の3連勝を飾った試合後、日本ハム・栗山監督は言った。「(西川)遥輝のスピードは、うちの特長」。勝負を決したのは2年連続で盗塁王に輝いている西川の「洞察力」だった。

 開幕から低調な打線は、この日も6回まで無得点。0―1の7回に松永の暴投で何とか同点とした。なお2死一、二塁。二塁走者の西川はロッテの三塁手であるレアードを見て思った。「下がってるな」。守備位置は三塁ベースの5メートル以上も後方。三盗を狙えばベースカバーに遅れる可能性が高い。初球にスタートすると予想通りレアードのベースカバーは遅れ、捕手の田村も悪送球。ボールが左翼を転々とする間に決勝のホームを踏んだ。

 ベンチも昨季まで4年間所属したレアードが二塁走者がいる際も三塁ベースを離れて守る「癖」を熟知しており、西川に「走れたら走れ」というサインを出していた。「ベースに投げられたらアウトだった」と西川は謙遜するが、成功の自信がなければ走ってはいない。(山田 忠範)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月15日のニュース