ヤクルト 青木けん引「打線が線になっている」2安打2打点

[ 2019年4月15日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト11―6巨人 ( 2019年4月14日    東京D )

<巨・ヤ>3回無死、バントヒットで出塁する青木(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの青木が2安打2打点で両リーグ10勝一番乗りに貢献した。「打線が線になっている。勝てる方向性が見つかればチーム力は上がる」。初回に畠の149キロ直球を捉えて右翼席上段へ3号ソロを運び「完璧だった」と自賛。3回は先頭打者としてセーフティーバントで三塁内野安打をマークし、5点の猛攻の起点となった。8―6の5回には左犠飛でリードを広げ、主導権を渡さなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月15日のニュース