オリ 吉田正、今季初1試合2発も空砲 野手入れ替え検討

[ 2019年4月15日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス3―11西武 ( 2019年4月14日    メットライフD )

<西・オ>6回無死一塁、吉田正がこの日2本目となる2ランを放ちベンチに迎えられる(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 オリックス・吉田正の今季初の1試合2発は空砲に終わった。初回は2死から高橋光の直球を仕留め、6回無死一塁では初球に甘く入ってきたスライダーを「狙っていた」と強振。どちらも打った瞬間に分かるほどの打球で、「しっかり自分のスイングができた。腕の一番伸びるところ。1球で仕留められてよかった」と振り返った。開幕から続いていた低空飛行を脱し、初めて打率2割台へ浮上。頼れる主砲がようやく本領発揮してきた。

 しかし、後が続かない。前日は今季最多の12安打10得点と爆発した打線が下火。2本塁打した杉本も一転して4打席連続空振り三振の不発。特に3回2死満塁では変化球を3球続けて空振りして見せ場がなかった。貧打解消は遠く、試合後のコーチ会議では打順のさらなる変更に加えて野手の入れ替え策を検討。2軍で2戦連発するなど好調のドラフト7位・中川らを候補に挙げている模様だ。まだ借金3。早めに手を打ち、踏ん張りたい。

 ≪投手陣に指揮官苦言≫オリックス投手陣が今季最悪に並ぶ11失点に沈んだ。3失点した山田と3四球を出した斎藤の降格、ドラフト3位・荒西と海田の昇格を決めた西村監督は「勝負して打たれる分には責めないが、もう少し攻める姿勢を見せてほしい」と苦言を呈した。先発の松葉も5回先頭の金子侑に四球を出してリズムを崩し、山川に被弾。「もっと打者と勝負しなければいけませんでした。何とかホームランだけは防ぎたかった」と次回の巻き返しを誓った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月15日のニュース