中日 1日で5割逆戻り、吉見4回途中5失点 与田監督は苦言

[ 2019年4月15日 05:30 ]

セ・リーグ   中日2―5阪神 ( 2019年4月14日    甲子園 )

<神・中>4回1死、西に2点適時打を浴び、降板となる吉見=左(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 冷たい雨が中日の3年ぶりの貯金を一日で流し去った。吉見が雨中のグラウンド不良に苦しみ、今季最短3回1/3で5失点。「切りたいところで四球を出してしまい5失点につながった。反省点です」と唇をかんだ。

 ぬかるんだマウンドに土が入った直後の4回に崩れた。1死二塁で福留に同点打を許した後、鳥谷への四球を挟んで梅野、木浪、西に3連続適時打を浴びて降板した。

 振り返れば1点を先制した2回、後続の1死一塁では送りバントを失敗(捕ゴロ併殺)して流れを渡した。3連勝で止まった与田監督も「雨の条件は相手投手も一緒。(バント失敗は)課題。細かいことができないと、こういう試合になってしまう。課題を克服しないと上位に上がることは難しい」と苦言を呈した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月15日のニュース