巨人 クリーンアップそろって2ランも空砲、6失点の畠2軍へ

[ 2019年4月15日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人6―11ヤクルト ( 2019年4月14日    東京D )

<巨・ヤ>1回2死一塁、2ランを放つ岡本(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人は、今季初めてクリーンアップそろい踏みの本塁打。前日にヤクルトの主軸3人全員に本塁打されたお返しを、丸、岡本、ビヤヌエバと全て2ランで果たしたが、白星につながらなかった。

 打線の破壊力を見せた一方で、原監督が「これは異常なんだからね。次は普通にしないといけない」と促したのが投手陣だ。17安打を許し、2試合連続で今季最多タイ11失点。14年5月14、15日の同じヤクルト戦以来5年ぶりに2試合連続で2桁失点を喫した。

 先発の畠は3回を6失点。投球動作に指揮官は「癖が出ている。“真っすぐ行きますよー”と放っていたら抑えられない。本人も自覚しないと。私も含め担当コーチというものが、焼きごてを入れるくらいに反省しないと」と話した。最速152キロも2度の3連打を含む9安打を浴び、試合後に出場選手登録を抹消されることが決まった。

 中継ぎ陣も失点を重ね、2連敗で3位に後退した。宮本投手総合コーチは「もう一度立て直したい」と話し、中継ぎ投手2人も入れ替える意向を口にした。(神田 佑)

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月15日のニュース