慶大連勝 中村が先制2ラン&4打点“郡司、柳町だけじゃない”

[ 2019年4月15日 05:30 ]

東京六大学野球春季リーグ戦第1週最終日   慶大7―1立大 ( 2019年4月14日    神宮 )

<慶大・立大>初回、先制2ランを放つ中村(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 慶大は3番・中村が初回1死二塁でリーグ戦通算6号となる先制2ランを左翼席に放つと、3回無死二、三塁でも左翼線二塁打で4打点。チームの連勝に貢献した。

 前日の3安打に続き、この日も2安打で通算90安打とした柳町、強肩強打の捕手・郡司とドラフト候補コンビが注目されるが、中村も昨秋だけで5本塁打を放つなど存在感を増している。「郡司、柳町の慶応と言われないよう頑張りたい」とチーム内競争を強調した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月15日のニュース