西武 山川、特大3ランで開幕5カード連続弾!“一丸”どすこいも

[ 2019年4月15日 05:30 ]

パ・リーグ   西武11―3オリックス ( 2019年4月14日    メットライフD )

<西・オ>5回無死一、二塁、3ランを放った山川はチームメートとともにどすこいポーズ(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 強く、高く――。西武・山川は自らの打球をほれぼれと見ていた。左翼席上段への特大3ラン。今季初めて3万人を超える観衆が訪れた本拠地が沸いたのは言うまでもない。

 「打った瞬間、いったなと思いました。納得した打撃ができました」。5回に1点を勝ち越し、なお無死一、二塁。松葉の142キロ直球を完璧に捉え、リードを大きく広げた。

 前日、赤田打撃コーチから右足と右肩が同時に出るように助言を受けた。構えが猫背気味で右肩が足より先に出ていたが、改善されて4戦ぶりの6号につながった。両リーグで唯一の開幕から5カード連続の本塁打。球団では最多の04年和田一浩に並び、リーグトップのロッテ・レアードにも1本差に迫った。

 この日は新人から連続フルイニング出場を続けていた鉄人・源田が先発から外れた。それでも今季2度目の2桁となる11得点で大勝。0―1の2回1死一、三塁では源田に代わって遊撃で出場した永江が二ゴロで一塁にヘッドスライディング。失策が絡んで同点に追いつき、山川は「チーム一丸だったのを一番感じた。みんなで取った1勝」と言った。

 パフォーマンスでも一丸だ。「どすこいポーズ」を一塁走者・外崎と二塁走者・秋山も山川の後ろで一緒に行った。「後で映像を見たら笑ってしまいました」と照れ笑い。シーズン61本ペースには「ペースはいいけど、打率(・189)が…。2割8分までは上げたい」と本塁打量産とともに打率アップも誓った。(武本 万里絵)

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月15日のニュース