オリ・ドラ2頓宮“パンチグッズ”おねだり「キーホルダーとか」

[ 2019年1月8日 06:17 ]

バット一本のみを手に入寮した頓宮(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックス・ドラフト2位の頓宮(亜大)が新人一番乗りで入寮した。

 前日6日にあてたパンチパーマについて亜大の生田勉監督から「似合わないからそれ。アフロにしろ」と再び愛情いっぱいの激励が届いたそうで、「生田監督から目立てと言われて、きっかけをつくって頂いたことに感謝しています。(パンチパーマの)グッズもつくって頂けたらうれしい。キーホルダーとか」と人気選手へ成長する意気込みだ。プロでは捕手から三塁手への転向が既に決まり、「試合に出たいので全力でやる」と腕をぶした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月8日のニュース