東海大・原田&梅野が始動 箱根Vの陸上部に「負けられない」

[ 2019年1月8日 05:30 ]

 東海大は最速151キロのエース右腕・原田(3年)、捕手の海野(同)のドラフト候補バッテリーも始動日から汗を流した。目標は箱根駅伝を制した陸上競技部に続く大学日本一だ。

 箱根駅伝で8区区間新の小松陽平ら初優勝の原動力が3年とあり「同級生には負けられない」と原田。捕球から二塁手到達まで1・7秒台と「甲斐キャノン」ばりの強肩を誇る海野も「大学日本一」と意気込みを語った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2019年1月8日のニュース