巨人・阿部、弟分・長野にエール「もうひと花咲かせてほしい」

[ 2019年1月8日 05:30 ]

長野に電話する阿部(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 グアムで自主トレ中の巨人・阿部が長野にエールを送った。

 「野球人生は終わらない。敵にはなるけど、もうひと花咲かせてほしい。同じ野球人として戦っていきたい」

 グアムでともに汗を流した間柄。長野が1年目を終えた後の11年に初めて連れて行き、15年まで毎オフ一緒だった。弟分はその後、首位打者や最多安打のタイトルを獲得。チームの中心選手に成長した。阿部は「俺がこれまで見てきた中で一番練習をしなかったけど一番の天才型」と表現。電話で報告も受け、「楽しんでやってきてほしい」と新天地での活躍を願った。

 この日は自主トレ2日目。30メートル、60メートルのダッシュの繰り返しや捕手復帰に向けたフットワークで、自分を追い込んでいた。 (グアム・岡村 幸治)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月8日のニュース