西武ドラ7佐藤は大漁旗持参「ハツラツとしたプレーを」

[ 2019年1月8日 05:30 ]

地元の仲間からもらった大漁旗を手に入寮する佐藤(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武のドラフト7位・佐藤(富士大)が、漁師の友人から贈られた大漁旗を持参し入寮した。「

 北海道厚岸町の実家はカキやカニなどの漁業を営んでおり、多くの友人も漁師の道へ進んだ。昨年末に10人の友人からプロ入りを祝う旗を贈られ「まずは1軍を目標に。“自分らしくやれよ”と言われたので、そう思ってもらえるハツラツとしたプレーをしたい」と意気込んでいた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月8日のニュース