楽天・田中和 目標は25発「“田中は本塁打があるから怖い”と思わせたい」

[ 2019年1月8日 05:30 ]

仙台市内で自主トレを公開した楽天・田中和
Photo By スポニチ

 昨季のパ・リーグ新人王に輝いた楽天・田中和が、楽天生命パーク室内練習場で自主トレを公開。「相手に“田中は本塁打があるから怖い”と思わせたい。(8月に)25歳になるので」と話し、3年目の今季は背番号と同じ数字の25本塁打の目標を掲げた。

 日本人のスイッチヒッターで25本塁打以上を放ったのは、昨年1月に合同自主トレを行った松井稼頭央(現西武2軍監督)が西武時代の02、03年に2年連続でマークしたのが最後。他にも柴田勲、松永浩美しかいない。

 この日も打撃練習で角度のついた飛球を意識しながらバットを振った。「当てにいくより、振った方が相手バッテリーに重圧がかかる。相手が怖がれば、四球で出塁して盗塁も狙える。1番・中堅を全力で取りにいく。143試合全部出る」と意気込みを語った。(重光 晋太郎)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月8日のニュース