DeNA 新人合同自主トレスタート ドラ1上茶谷、ラミ監督視察に緊張も「パフォーマンスを出せた」

[ 2019年1月8日 14:41 ]

 DeNAの新人合同自主トレが8日、横須賀市内のベイスターズ球場でスタート。ドラフト1位の上茶谷大河投手(22)ら7選手がキャッチボールやノック、シャトルランで汗を流した。

 「初日ということで緊張したが、無事に終えてホッとしています」と上茶谷。ラミレス監督やコーチ陣も視察に訪れる中での練習に「監督が来られることは知らなかったのでいきなりで緊張しましたが、パフォーマンスを出せたと思う」とうなずいた。

 練習前、ラミレス監督は新人選手に「昨年はドラフト1位の東が新人王を獲った。ベイスターズの新人はかなり注目されているし、2年連続という期待がある。出場機会もあると思うので、チャンスをつかんで新人王が獲れるに超したことはない」とエール。悲願の優勝に向け、新戦力の台頭を待ち望んでいる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月8日のニュース