ソフトBドラ3野村、王先輩の本持参 高校時代は素振り800回

[ 2019年1月8日 05:30 ]

一塁ベースの横で正座し持参した王会長の本を読む野村(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは新人6選手が福岡県筑後市の若鷹寮に入寮。ドラフト3位の野村(早実)は大先輩の王貞治球団会長について書かれた「名将・王貞治 勝つための『リーダー思考』」を持参。

 何度も読み返した一冊で、毎日500回素振りをしていた事実を知り、野村も中学時代に1日300回、高校時代は800回を振った。「24時間バッティングができる。バッティングが好きなので打ちたいときに打てるのは楽しみ」と野球漬けの生活が待ち遠しい様子だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年1月8日のニュース