ヤクルト ドラ2法政大・中山と仮契約 背番号は8に決定「将来は球界を代表する選手になりたい」

[ 2018年11月30日 17:48 ]

<ヤクルト2位の法大・中山仮契約>ガッツポーズの中山(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 ヤクルトからドラフト2位指名された法政大・中山翔太内野手(22)が30日、東京都の日本青年館ホテルにあるレストラン「EAST WIND」で入団交渉し、契約金7500万円、年俸1300万円で仮契約した。背番号は「8」に決まり「将来は球界を代表する選手になりたい。全力でプレーすることを継続しながら、一日でも早く近づけるようになりたい」と力強く語った。

 パワフルな打撃が持ち味の右の大砲候補。履正社から法大に進み、今秋は4番として12季ぶり45回目の優勝に導いた。筋力トレーニング好きで「法大のきんに君」の愛称を持つ。ヤクルトでの愛称継続には「雄平さんがいらっしゃるので、恐縮でございます」。チーム随一のマッチョで知られる先輩の筋肉について「ユニホーム越しですけど、全部が岩みたいだと思った。背中とか大きかったので凄いなと思った」と大絶賛した。

 それでもメディカルチェックの際に対面した高校の先輩にもあたる山田哲からは、早速「きんに君」と呼ばれたことを明かして照れ笑い。「パワーが持ち味。ホームランをいっぱい打てるように頑張りたいと思います」と自慢の上腕二頭筋をアピールしながら意気込んだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月30日のニュース