ロッテ無念…丸から井口監督に断りの連絡 破格の待遇も用意も吉報届かず

[ 2018年11月30日 13:23 ]

広島球団事務所に姿を現した丸佳浩(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 ロッテの林信平球団本部長(57)は30日、フリー・エージェント(FA)移籍での獲得を目指していた広島・丸佳浩外野手(29)から断りの連絡が入ったと明かした。

 「きょうの午前中に代理人の先生から連絡をいただきました。また、丸選手本人から井口監督へ電話をいただきました。全力を尽くしましたが、彼の選択だから仕方がない」

 23日には上京した丸に対し、連結売り上げ6兆円を超える本社のバックアップを受けた6年24億円超の条件に加え、井口監督は自身の背番号「6」の譲渡まで打診した。また、地元千葉出身でもあり、チームリーダーと期待し、引退後の「監督手形」など破格の待遇も用意したが、吉報は届かなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月30日のニュース