オリ、自由契約の金子に温情措置 長村球団本部長「練習施設使って」

[ 2018年11月30日 05:45 ]

報道陣の質問に答える長村球団本部長(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 オリックスは自由契約になる金子に対して練習場提供の温情を見せた。前日28日に電話連絡を受けた長村球団本部長が「練習施設に関しては(場所が)なかったら使ってもらって構わない」と自由契約の身を案じて親心をのぞかせた。次の所属が決まるまで、どれだけ時間がかかるか未定なだけに金子にとってはありがたい話だ。

 もちろんオリックスは再入団を熱望している。ただ、現時点では再交渉の日取りなども未定。同本部長は「自由契約の申し入れがあって、それを了承したというところまでで、今後のことは状況次第」と金子側のアクションを待っている最中だ。また、国内FA権を行使した西についても「連絡はない」と吉報を待つ姿勢を改めて示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月30日のニュース