清宮 担当記者贈ったネクタイで初交渉「凄く大事な節目」

[ 2018年11月30日 05:30 ]

契約更改を終え会見する清宮(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 清宮は日本ハムの担当記者から5月25日の19歳の誕生日に贈られたネクタイをダークスーツに合わせて交渉に臨んだ。

 その日の試合後に2軍に降格したため「今度1軍に上がるときに締めてきます」と話したが、以降はクールビズでネクタイを締める機会がなく、お披露目の日を注目の契約更改交渉に選ぶ気の利かせっぷりだった。交渉を振り返り「凄く引き締まった雰囲気。自分の生活がかかる場面。凄く大事な節目」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月30日のニュース