DeNA倉本 900万円減でサイン 初めての二塁に戸惑い「本来のパフォーマンスを出せなかった」

[ 2018年11月30日 14:04 ]

13%ダウンでサインしたDeNA倉本(撮影・ 久冨木 修)
Photo By スポニチ

 DeNA・倉本寿彦内野手が横浜市内の球団事務所で契約を更改。900万円ダウンの来季年俸6400万円(推定)でサインした。

 昨季はチームで唯一、全143試合フルイニング出場を果たしたが、二塁にコンバートされた今季は85試合の出場にとどまった。

 「本来のパフォーマンスを出せなかった。二塁を初めてやったが、迷いながらプレーしている面もあった。そこは反省点」

 巻き返しの来季に向け「(昨年までのポジションの)ショートをやりたい気持ちもあるが、ポジションはこれから話し合う。どこでも準備してレギュラーに挑戦したい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月30日のニュース