DeNA桑原 100万円減8400万円「1番打者としてこだわり持ってやる」

[ 2018年11月30日 15:00 ]

<DeNA契約更改>100万円ダウンでサインした桑原(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 DeNA・桑原将志外野手が横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、100万円ダウンの来季年俸8400万円でサインした。

 今季から背番号が1に変更。昨季に続いて不動の1番打者として期待されたが、127試合で打率・261、9本塁打、26打点。「僕らしいシーズンではなかった。去年までとんとん拍子で来て、今年はチームのことを考えてとか、どこか“かっこつけてる”自分がいた。もっと自分らしく、グラウンドで躍動しないといけない」と振り返った。

 「試合に出て結果が出ないのは苦しいけど、試合に出ないことが一番悔しいので」と桑原。来季は「1番打者で仕事を。そこにこだわりをしっかり持ってやっていく」。打率3割、出塁率は・360から4割を目指したい考えで「得点も100近く。クリーンアップにいい打者がいる。1、2番が大事だし、そこでしっかり自分の仕事をしたい」と誓った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月30日のニュース