バレンティン残留 ヤクルト一筋9年目 球団幹部「数字を残し、気力、体力も充実」

[ 2018年11月30日 15:19 ]

ヤクルトのバレンティン
Photo By スポニチ

 ヤクルトがウラディミール・バレンティン外野手(34)と来季も契約する方向で基本合意したことが30日、分かった。1年契約で今季の年俸3億3300万円(金額は推定)からのアップと出来高払いでこの日、口頭で合意した。

 都内の球団事務所で取材に応じた奥村政之国際グループ担当部長は「ここで育った選手。大けがをした年(15年)以外は30本塁打以上打っていて、数字を残している。気力、体力も充実しているし、またそれ以上打ってもらえたら」と話した。残留を希望していたバレンティンも、決定時は喜びを表していたという。正式契約は年内となる見込みで、来日からチーム一筋、来季で9年目となる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月30日のニュース