ロビンソン・カノ メッツへ移籍か トレード成立間近と米報道

[ 2018年11月30日 17:09 ]

マリナーズのロビンソン・カノ内野手 (AP)
Photo By AP

 ESPN(電子版)など米国の複数メディアは29日、メッツがマイナーの有望選手を放出し、マリナーズからロビンソン・カノ内野手(36)とエドウィン・ディアス投手(24)を獲得する交換トレードが成立間近であると報じた。

 カノはオールスターに過去8度選出されるなど、大リーグを代表する二塁手。今季は禁止薬物の使用で80試合の出場停止処分を科され、80試合の出場で打率3割3厘、10本塁打、50打点という成績だった。

 右腕のディアスはマリナーズのクローザーとして活躍。今季はリーグ最多の57セーブを挙げ、シーズン最多記録となる62セーブの更新も期待された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月30日のニュース