巨人・石井社長「ものすごく嬉しい」丸から原監督に連絡があったことを明かす

[ 2018年11月30日 15:28 ]

巨人納会のためホテルへ到着した石井球団社長(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 巨人は30日、国内FA権を行使していた広島・丸から入団の意向を示す連絡があったことを明かした。

 この日、都内の事務所で報道陣に対応した石井一夫球団社長は「本日の午前中に、丸選手から原監督のところに連絡があった。そのすぐ後に代理人の方から私あてに連絡をもらいました。“来季からお世話になります”という連絡でした」と話した。

 石井社長は丸の代理人から連絡を受けた際の心境を振り返り「ものすごく嬉しい」と笑みを浮かべた。巨人は24日には都内のホテルで初交渉をった。原監督も出馬して熱意を伝えるとともに、背番号8を提示し5年総額30億円規模の大型契約を提示したとみられている。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月30日のニュース