ロッテ福浦 キャンプ初日の紅白戦出場に意欲「打席に立つ」

[ 2018年11月30日 05:30 ]

習志野市民栄誉賞を受賞したロッテ・福浦は習志野市役所を訪れ、宮本市長から祝福を受けた。
Photo By スポニチ

 通算2000安打を達成し、習志野市民栄誉賞を受賞したロッテ・福浦が習志野市役所を表敬訪問し「来季もコーチ兼任ですが1打席でも多く、立ちたい」と意気込みを語った。

 井口監督は来春キャンプ初日の2月1日に紅白戦を行う方針だが「選手でいる限りは打席に立つ」と意欲的。出身の習志野高からはドラフト6位新人の古谷の入団が決まり「こてんぱんにやられるかも…だけど、紅白戦でやれるのは楽しみ」と年齢25歳差の「習志野対決」にも期待していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月30日のニュース