広島 巨人に3連勝 菊池 走攻守で魅了「場面場面で貢献したいと思っている」

[ 2018年8月31日 05:30 ]

セ・リーグ   広島6―2巨人 ( 2018年8月30日    東京D )

9回2死二、三塁、菊池が遊撃への適時内野安打でヘッドスライディングを見せる(撮影・大塚 徹)                                       
Photo By スポニチ

 広島は30日の巨人戦(東京ドーム)に6―2で逃げ切った。殊勲は菊池涼介内野手(28)だ。先制打を含む2安打2打点。二塁守備でも超美技を連発した。8回にはフランスアがセ・リーグ新記録で、プロ野球記録に並ぶ月間最多18登板を零封で飾り、勝利に貢献。優勝へのマジックナンバーは1つ減って19となり、31日から2位・ヤクルトとの直接対決に臨む。

 セーフを確信し、菊池は右手拳を握り締めた。3―2の9回2死二、三塁。見逃せばボール球の外角低めチェンジアップに手を出し、弱いゴロが三遊間に転がると全力疾走し、そして頭から飛んだ。リクエストによるリプレー検証でも判定は変わらない。勝利を確定づける3点攻撃を引き出し、試合後は充実感をにじませた。

 「いい所に転がってくれた。フルカウントだったので見極めも大事なんだけど、手が出ちゃった」(笑)

 試合開始から最後まで攻守で魅せた。初回無死一塁で三塁線を破る先制二塁打を放つと、二塁守備でも超美技を連発だ。初回1死二塁で、中前打と思われたマギーのライナーをワンバウンドでダイビング好捕。6回無死二塁でも亀井のライナーに飛びつき、同点のピンチを2度救った。

 「打てていないので守備はね。なかなか調子が上がらないけど、何とか場面場面で貢献したいと思っている」

 誰にも真似できない絶妙のハンドリング。そして投球に応じて臨機応変に対応するポジション取り。好守の原点は武蔵工大二高(東京都市大塩尻高)時代にさかのぼる。日常化していたノックの嵐。その中で感覚が研ぎ澄まされたという。

 「めちゃくちゃノックを受けた。何百本、何千本のノックを受けて、自分で発見することが高校ではあった」

 プロ入り後は、前監督の野村謙二郎氏(本紙評論家)や石井琢郎コーチ(現ヤクルト打撃コーチ)らのノックを受けて精度を高め「3〜4年目から自信が持てるようになったかな」と笑う。まさに「守り勝つ野球」の体現者。緒方監督は絶賛する。

 「今日は菊池デー。守りから何から1人で暴れ回った感じ。執念というか、中心選手があんな姿を見せてくれるとね。万全の体じゃないのに頭が下がる」

 今季9度目の同一カード3連勝を飾り、優勝マジックはまた1つ減って19になった。31日からは神宮で2位・ヤクルトと3連戦。要所で底力を発揮する忍者・菊池の存在が何とも心強い。

(江尾 卓也)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月31日のニュース