【ファーム情報】ソフトバンク釜元 サヨナラタイムリー

[ 2018年8月31日 22:48 ]

 プロ野球のファームは31日、ナイター2試合を含むイースタン、ウエスタン計4試合が行われた。

 1軍との親子ゲームとなったロッテ―巨人戦(ZOZOマリン)は、イースタン首位の巨人が3―1。マルティネスが2安打2打点。先発・高木は4回3安打無失点で、2番手・成瀬が2回1安打無失点で2勝目を挙げた。ロッテは先発・土肥が5回6安打3失点で2敗目(2勝1セーブ)。

 DeNAはナイターの西武戦(横須賀)に4―2。飛雄馬が3安打、大河が2安打2打点。4番手の武藤が2回1安打無失点で4勝目(1敗5セーブ)を挙げた。西武は水口が2安打1打点。3番手で中塚が5敗目(3勝6セーブ)を喫した。

 ソフトバンクはナイターの中日戦(タマスタ筑後)に1―0で9回サヨナラ勝ち。2死三塁で釜元がサヨナラの左前打を放った。3番手で2回3安打無失点の二保が2勝目(3セーブ)。中日は先発・鈴木翔が7回3安打無失点。3番手・又吉が2/3回を2安打1失点で1敗目(4セーブ)を喫した。

 広島は阪神戦(由宇)に6―1。エルドレッドが4号ソロなど2安打。中村奨が2安打3打点と活躍した。先発・平岡は5回3安打1失点。4番手・ヘルウェグが1回1安打無失点で1勝目。阪神先発・呂彦青は6回4安打1失点だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月31日のニュース