桐生第一・福田監督が退任 99年夏の甲子園で群馬県勢初V

[ 2018年8月31日 11:00 ]

桐生第一・福田治男監督
Photo By スポニチ

 99年夏の甲子園で正田樹(元ヤクルト)らを擁して群馬県勢初の全国制覇を達成した桐生第一・福田治男監督(56)が退任した。08年夏以降、甲子園から遠ざかり、成績不振などが原因とみられる。

 福田氏は「このような残念な結果になって申し訳ありません。桐生第一野球部にはこれからも頑張って欲しい」と話した。在任中、甲子園には春夏通算14回出場し、17勝13敗1分け。

 後任には今泉壮介コーチ(38)が監督へ昇格し、秋季県大会に臨む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月31日のニュース