大谷、9・3復帰登板決定!ソーシア監督が明言

[ 2018年8月31日 07:44 ]

試合前、力強く投げ込む大谷(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 右肘故障からの復活を目指すエンゼルス・大谷翔平投手(24)の復帰登板が2日(日本時間3日午前9時5分開始)の敵地アストロズ戦に決まった。

 30日(同31日)の試合前に、マイク・ソーシア監督が「日曜日(2日、日本時間3日)に投げる」と明かした。

 大谷のリアクションについて指揮官は「“OK”と言っていたよ」と笑顔で説明した。

 大谷は6月6日の本拠地ロイヤルズ戦で右手中指のマメで降板。その後、右肘に張りを訴え、翌7日の遠征には同行せず「PRP(多血小板血しょう)注射」を受け、8日に自身初の故障者リスト(DL)入り。7月3日の敵地マリナーズ戦で打者で先行復帰した。

 その後は打者出場しながらリハビリを進め今月27日には故障後、3度目となる実戦形式の登板で50球を投げ、「もういけますよ」と語るなど順調な回復ぶりを見せていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月31日のニュース