ロッテ 井口監督 来季続投 球団本部長「目指す野球ができている」

[ 2018年8月31日 05:30 ]

ロッテ・井口監督
Photo By スポニチ

 ロッテの井口資仁監督(43)が来季も続投することが30日、分かった。来季は3年契約の2年目で、林信平球団本部長は「もちろん、やってもらう。目指す野球ができている。“3年後、どうするか”という話をしている」と明かした。

 井口監督は昨季、現役を引退して即就任した。1年目の今季はここまで52勝57敗3分けの4位。31試合を残して最下位だった昨季の勝ち星(54勝)に迫っており、球団はその手腕を高く評価している。さらに和製大砲として期待されてきた井上がチーム最多の19本塁打を放ち、4番に定着。4年目の中村も30盗塁をマークするなど頭角を現し、林本部長は「選手が自分の持てる力を発揮し出した」と育成面でも評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月31日のニュース