ヤクルト山田哲、今季30盗塁!3度目のトリプルスリーの条件満たす

[ 2018年8月31日 19:18 ]

セ・リーグ   ヤクルト―広島 ( 2018年8月31日    神宮 )

<ヤ・広>7回2死一塁、打者・バレンティンで一塁走者・山田哲が二塁盗塁を決める (撮影・大塚 徹)                                       
Photo By スポニチ

 ヤクルトの山田哲人内野手(26)は、31日に神宮球場で行われた広島戦で今季30個目の盗塁を決め、史上初3度目のトリプルスリーの条件を現時点で満たした。

 山田は、「3番・二塁手」で先発。第4打席で迎えた7回2死無塁で左前安打で出塁すると次打者・バレンティンのカウント1―0からスタートを切り、二塁へスライディング。今季30個目の盗塁を成功させた。

 本塁打は24日のDeNA戦で30本に到達。打率は・314で、シーズンの規定打席を既に満たしている。チームは残り29試合。15、16年に続く前人未到3度目の快挙へ近づいた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月31日のニュース