日本ハム 9・1 牛久で各自治体対抗スピードガンコンテスト実施

[ 2018年8月31日 16:07 ]

 日本ハムは31日、牛久運動公園野球場で行われる9月1日のイースタン・リーグ公式戦、楽天戦(13時試合開始)において茨城県牛久市と近隣自治体対抗によるスピードガンコンテストを実施すると発表した。

 同試合は「茨城シリーズ2018」として、「茨城県西南地域でのスポーツを通じたエリアマネジメントプロジェクト」の一環として行われるもの。お祭り感満載に各自治体より町を代表する腕っぷし自慢が出場し、大会を盛り上げる。

 なぜか今回も同コンテストの審査委員長を任されることとなった謎のキャラクター「DJチャス。」は、「気になる当日の天気だけど、決していいとは言えないが、何とか一日は持ち堪えられそう。当日券の販売開始は午前10時から球場正面特設ブースにて。スピードガンコンテスト?そうだな、世界最大級を誇る120メートルの牛久大仏じゃないけど、まず50キロを下回ったら大仏様に代わってお仕置きよ〜!って感じかな」と意味不明なPRながらもノリノリで来場を呼びかけていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月31日のニュース