清宮 2三振2試合連続無安打「仕留めきれなかった自分の責任」

[ 2018年8月31日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム1―6オリックス ( 2018年8月30日    京セラD )

9回、無死、空振り三振に倒れた清宮(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 日本ハム・清宮は4打数無安打2三振。4回1死一塁では投ゴロでプロ初の併殺打も記録し、好機をつぶした。

 21日の再昇格後初の2試合連続無安打となり「仕留めきれなかった自分の責任」。初回に中田の右前適時打で先制しながら逆転負けで、1分けを挟んで連勝は3でストップ。栗山監督は「状態が良くても悪くても勝たないといけない」と厳しい表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月31日のニュース