広島 フランスア セ新記録 日本記録になったらウイニングボール「もらいたいね」

[ 2018年8月31日 05:30 ]

セ・リーグ   広島6―2巨人 ( 2018年8月30日    東京D )

フランスアは月間最多登板セ・リーグ新記録を達成し、観客の声援に帽子を振って応える(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 広島のフランスアが3―2の8回に登板して1死一、二塁を招くも山本と代打ゲレーロを自慢の真っすぐで連続空振り三振に斬って脱出。8月18試合目の登板を果たし、1956年9月の稲尾和久(西鉄)と2013年5月の益田直也(ロッテ)に並ぶ2リーグ分立後の月間最多登板のプロ野球記録で、セ・リーグ新記録を達成した。

 「記録は素直にうれしい。もちろん明日も行けます。今日はウイニングボールはもらえなかったが、明日は(新記録を達成したら)もらいたいね」

 巨人との今カード3戦連続のマウンドで、先頭打者の岡本にストレートの四球を与えるスタートだったが、それでも「疲れはない」と繰り返す。この間は計17回2/3を2失点(自責1)の防御率0・51。通算でも1・74の高数字を誇る抜群の安定感に、緒方監督からも「記録どうこうよりもチームの勝利に貢献する投球を続けてくれている。本当に頼もしい」と大絶賛された。

 いまや3連覇には欠かせない絶対的なセットアッパー。5月に支配下登録されたばかりだが、日本球界にその名を刻むにふさわしい活躍ぶりだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年8月31日のニュース