【東東京】安田学園 16安打12点 阿部2世・須藤「4番としても捕手としてもチームを引っ張りたい」

[ 2018年7月19日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念東東京大会4回戦   安田学園12―6城北 ( 2018年7月18日    神宮 )

チームを引っ張る安田学園・須藤
Photo By スポニチ

 安田学園は16安打12得点の猛打を振るい城北を下した。

 3―3の4回無死二、三塁から4番・捕手の須藤が「逆方向を意識して後ろにつなごうと」と2点中前適時打。打線に勢いを与え、この回打者一巡で5点を挙げた。

 憧れはOBの巨人・阿部で、配球を動画で勉強する。阿部2世を目指し「エースの清水は(巨人の)田口選手に見立てている。4番としても捕手としてもチームを引っ張りたい」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2018年7月19日のニュース