Dバックス痛手 先発右腕ウォーカーが長期離脱へ 肘のじん帯再建手術

[ 2018年4月19日 10:01 ]

ダイヤモンドバックスのタイワン・ウォーカー投手 (AP)
Photo By AP

 ダイヤモンドバックスのタイワン・ウォーカー投手(25)に右肘じん帯の部分断裂が判明。ロブロ監督は18日に同じん帯の再建手術が必要であることを明かした。

 先発右腕のウォーカーは開幕からここまで3試合に登板して勝敗はつかず、防御率3・46。昨季は9勝を挙げてチームのプレーオフ進出に貢献した。ロブロ監督の言葉通り、手術が行われれば、今季残りのシーズンは全休となり、チームにとっては痛手だ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2018年4月19日のニュース