オリ増井、移籍後初セーブ 記念球は「アルバースにあげた」

[ 2018年4月19日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス4―3ロッテ ( 2018年4月18日    ZOZOマリン )

最後を締めた増井
Photo By スポニチ

 名実ともに、新守護神が誕生した瞬間だった。オリックス・増井が18日ロッテ戦の9回に登板し、1回無失点で移籍後初セーブ。最後の打者を二ゴロに打ち取り、T―岡田から記念球を手渡されると、増井は気恥ずかしそうに笑った。

 「1点差でしたし、きょうセーブを付けないとって、いつも以上に集中していましたね。記念球は(2勝目を挙げた)アルバースにあげました(笑い)」

 8回に1点差に詰められた4―3の最終回、緊迫した場面で全開だった。先頭・鈴木への初球フォークを右翼フェンスギリギリまで運ばれたが右飛。引き締め直して対峙(たいじ)した清田には全3球連続フォークで投ゴロ。根元に二塁内野安打を許したが、最後は田村を150キロ直球で二ゴロに仕留めた。

 開幕から16試合目、自身5試合目の登板で、ようやく挙げた移籍後初セーブだった。前守護神で米ダイヤモンドバックスにFA移籍した平野に代わる大役を任され、意気に感じる一方で重圧もあった。「多少これまで力みもあった。これで落ち着いて普段通りやれると思います」。福良監督も「増井は良かったですよ、本当に」とクローザーを称えた。

 チームは5カード連続で勝ち越しがなく苦境が続くが、「これから、たくさんセーブを稼いでいけるよう頑張ります」と増井。新守護神の出番が増えることが浮上の条件だ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2018年4月19日のニュース