駒大・千丸、併殺デビュー「大学は甘くない」 花咲徳栄で昨夏甲子園V

[ 2018年4月19日 14:54 ]

東都大学野球春季リーグ戦第2週第2日 2回戦   国学院大5―1駒大 ( 2018年4月19日    神宮 )

<駒大・国学院大>神宮デビューを果たした駒大の1年生・千丸
Photo By スポニチ

 昨年夏の甲子園優勝メンバー、駒大の千丸剛(花咲徳栄)がリーグ戦デビューを果たした。4点を追う9回無死一塁の場面で代打で登場。2球目を打ったが遊ゴロ併殺打に倒れ唇を噛んだ。

 「やはり大学は甘くないです。同じ140キロでもキレが全然違います。緊張はなかったし絶対に打ってやろうと思って打席に立ったんですが」

 試合も国学院大に連敗を喫し勝ち点を落とした。西武に入団した西川ら元チームメートとは連絡を取り合っているという。2軍ながら3割をキープする西川の存在は刺激になっているそうで「励みになります。僕もこの打席を次に生かせるよう頑張ります」と次戦の東洋大(5月1日予定)に目を向けていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月19日のニュース