×

ソーシア監督 大谷登板は「予定通りと思っている」 20日打者出場の可能性

[ 2018年4月19日 10:12 ]

 エンゼルスの大谷の次回登板について、ソーシア監督は18日、「次の登板は予定通りにそのまま投げられると思っている。状態はそれほど悪くない」と説明し、登板間隔を長く空けない方針を強調した。大谷は前日のレッドソックス戦で右手中指のまめが悪化したため降板し、2回3失点でメジャー初黒星を喫していた。

 指名打者での起用については「明日は出場できる状態。バットを振るのには問題ない」と話し、19日(日本時間20日)のレッドソックス戦に出る可能性にも言及した。

 同監督は次回の登板日は明らかにしていないが、中6日なら昨季のワールドシリーズ覇者のアストロズと敵地ヒューストンで対戦する。大谷はこの日はグラウンドでの練習に参加せず、ナイターの先発を外れた。(共同)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2018年4月19日のニュース