DeNA東 2戦連続G斬り!8回途中無失点で2勝目 巨人は今季2度目零敗で借金5

[ 2018年4月19日 20:45 ]

セ・リーグ   DeNA5―0巨人 ( 2018年4月19日    横浜 )

<D・巨>力投を見せるDeNA先発・東
Photo By スポニチ

DeNAのドラフト1位・東克樹投手(22)が、19日の巨人戦で7回1/3、113球を投げ4安打無失点の力投を見せ2勝目(1敗)。12日の巨人戦で5回1/3を3失点としてプロ初勝利を手にしたのに続き、この日は本拠地で快投を見せた。その後、パットン、井納とつないで完封リレーを達成、チームも10勝目に到達した。

 打線も援護。初回、2死から筒香が四球を選び、巨人の先発・吉川光の暴投とロペスの左前打で一、三塁とし、宮崎、嶺井、桑原の3連続タイムリーで3点を先取した。8回にはロペス、宮崎の連打と代走・宮本の盗塁で1死二、三塁とし、嶺井が中前へ2点タイムリーを放ち5−0と突き放した。

 巨人の先発・吉川光は5回途中まで投げ5安打3失点で2敗目。打線も2回に岡本が二塁打を放ったものの生かせず、今季2試合目の零敗。今季最多タイの借金5と苦しんでいる。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2018年4月19日のニュース