中日・ビシエド、市民権取得のため渡米「取得後速やかに戻ります」

[ 2018年4月19日 12:32 ]

一時帰国した中日・ビシエド
Photo By スポニチ

 中日は19日、ダヤン・ビシエド内野手(29)が米国市民権取得のため、この日午前、渡米したことを発表した。市民権取得後、再来日する予定。

 ビシエドは昨季も市民権取得のため、シーズン中の6月中旬に渡米。しかし、手続きが長引いたため、市民権を取得しないまま7月に再来日した。

 ビシエドは球団を通じ「このたび、再度アメリカの市民権取得のために一時帰国することになりました。取得後、速やかに日本に戻ります。球団関係者、およびチームメイト、ファンの皆様にご心配、ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします」とコメントした。

 ビシエドは今季、開幕から4番で全試合に出場。16試合で打率・259、3本塁打、9打点をマークしている。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年4月19日のニュース