×

2年目阪神・小野 松坂に投げ勝った開幕2連勝 虎3連勝

[ 2018年4月19日 20:46 ]

セ・リーグ   阪神2―1中日 ( 2018年4月19日    ナゴヤD )

<中・神>力投する小野
Photo By スポニチ

 阪神の2年目・小野泰己投手(23)が6回を2安打1失点(自責0)で松坂に投げ勝ち、自身開幕2連勝を飾った。

 37歳大ベテランとの投げ合いを23歳が制した。2回に1点を先制したその裏、味方の失策と暴投で無安打で同点とされたが、崩れなかった。101球を投げ、6回を2失点と1点リードで救援陣にバトンを託した。

 打線は4回に無死満塁から福留の併殺打の間に勝ち越し。1点リードの8回には2死二塁で大島の大飛球を途中出場の中堅・俊介が背走からダイビングキャッチ。リードを守りきってチームは3連勝とした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2018年4月19日のニュース