西武ドラ2西川 合意「リハビリをしっかりやって…」

[ 2017年11月16日 05:30 ]

帽子を被せてもらい、笑顔のドラフト2位・西川(右)
Photo By スポニチ

 西武からドラフト2位で指名された花咲徳栄の西川が都内で入団交渉を行い、合意(契約金、年俸は非公表)した。

 2年時に右大胸筋を断裂して手術を受けた影響もあり、キャッチボールの距離は現在50メートルで「リハビリをしっかりやって投げられるようにしていきたい」。俊足巧打に加え、端正なマスクのスター候補は「トリプルスリーを獲れたらうれしい。秋山選手のミート力が凄いなと思うのでいろいろ聞きたい」と目を輝かせた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年11月16日のニュース